【オリジナルウェディングケーキ事例】土地で採れたフルーツを使ったウェディングケーキ!

こんにちは!

世界で一つのオリジナルをケーキ・デザートで表現します!
オーダーメイドケーキ、スイーツのpâtisserie、

Sampaguita Cake&Sweets シェフパティシエ小笠原です。

今回は、埼玉の公民館で行われた素敵なオリジナルウェディングで制作したウェディングケーキをご紹介致します。

今回の新郎新婦は建築関係のお仕事をされていて、今回の会場はお二人が建築に関わった思い出の会場。

お二人が制作に携わった会場でのウェディング。とっても本質的で素敵ですね!

【土地の名産フルーツで作るウェディングケーキ】

今回、会場となったのは埼玉県の宮代町。

ぶどうが大変名産な地域です。
しかしながら今回、旬から外れてしまっているためぶどうが採れずに無くなく産地違いのぶどうを使う事になりました。

しかし、コンセプトにどうしても産地のフルーツを使いたくて仕方なかったパティシエ小笠原。お二人の気持ちをなんとかすこしでも形にしようと思い地元のお野菜を取り扱うお店にご連絡し、ブルーベリーが採れる事がわかり、デザインに取り込む事に致しました。
納品されて感動。海外産の2倍ほどの大きさの大粒なブルーベリーは身も大変しっかりしていて、とっても甘い。さすが国産ですね。

お二人の思い入れのある地元で採れたフルーツを使ったとっても本質的なフルーツウェディングケーキを作る事ができました。

【丸でも四角でもない五角形型のケーキもお二人のこだわり】

今回、ケーキのお打ち合わせもさせていただいた際に、お二人がおこだわりとしておっしゃったのは「五角形」での制作。
建築関係のお二人ならではのアイディアです。

また、装飾についても、壁のような生クリーム仕上げをご希望。
シンプルで繊細なデザインをご希望されました。

五角形のシンプルな3段のケーキはまるでお城のような素敵なケーキに仕上がりました。
大きな装飾がある訳ではないのに、オリジナリティあふれるケーキになるのは、お二人のこだわりをしっかり再現したからならでは。
決して派手なケーキだけがオリジナルケーキではないのです。

【カットしてデザートビュッフェの主役に】

お二人が初めての共同作業を終えたウェディングケーキの次の役割は「幸せのお裾分け」

今回、デザートビュッフェもご依頼頂きましたので、デザートと一緒にカットした幸せをお裾分けです。
こんな素敵なお裾分けはウェディングケーキだけの特権。
女性を中心に、ビュッフェ台に殺到でした。
やっぱり甘いものは別腹ですね!
5種類のデザートにウェディングケーキの計6種類のパティシエお手製デザートを楽しんでいただきました。

【オリジナルウェディングにはとことんこだわったオリジナルケーキで!】

オリジナルウェディングを行うお二人は、決まって強い思い入れがある方です。
ケーキに関係ないようなおこだわりもお話を進めていくうちにお二人だけのオリジナル要素がケーキに表現できる素敵な発見が有るかもしれません。
是非、妥協しない素敵なウェディングケーキで最高のオリジナルウェディングのワンシーンを作りましょう!

 

Sampaguita Cake&Sweets

お問い合わせ、ご注文は

info@sampaguita-weddingcake.com

Sampaguita Cake&SweetsのLine@でもお気軽にご相談ください!