お祝いには欠かせないショートケーキ。なぜショートケーキを買うんだろう?

こんにちは!
オーダーメイドケーキ、スイーツのpâtisserie、
Sampaguita Cake&Sweetsです。
12557013_887251871389183_2016774157_o

現在、日本では「ケーキ」といえば「ショートケーキ」ですよね。
実はショートケーキって日本にしかないって知ってましたか?!?!
欧米で「ケーキ」といえば「パウンドケーキ」を指しますし、
唯一ショートケーキ似ているものがあるとすればフランス菓子の「フレジエ」ぐらいですね。
それだけショートケーキというものは日本独自の文化なんですよ!
現在の日本ではバースデーケーキやウェディングケーキなど、お祝いの席のケーキといえばショートケーキ。
そんな大活躍なショートケーキですが、どんなショートケーキが美味しいでしょうか?
パティシエ視点から見た「美味しいショートケーキ」の条件を皆さまにお伝えします。


【全てがシンプルでリッチなショートケーキの構成】
まず、ショートケーキの定義ってなんなんでしょうか?
ショートケーキとは
・スポンジケーキ(ジェノワーズと言います)
・生クリーム
・フルーツ(主にイチゴ)
で構成されているものを指します。
これって実はすごいんです。
何がすごいかというとパティシエが根本的に使う基本の材料が全て詰まっているのです。
(卵・砂糖・小麦粉・油脂・果物)
素朴でありながらリッチな味わいなのがショートケーキのなんですね。
だから万人に愛され続けています。


【実はとっても高級菓子なショートケーキ】
上記では素朴でありながらなんて言いましたが、食べる方は親しみのあるケーキなショートケーキですが、
実はパティシエを苦しめるケーキなんです。笑
洋菓子でバター、生クリーム、フルーツが一番リッチな食材なんですが、
ショートケーキの半分は生クリームとフルーツで作られております。
なのでもしかしたら。。。世界で一番リッチなお菓子といっても過言ではないと思います。
こんな素敵なお祝いにふさわしいケーキを考えた方は天才ですね!
また、ケーキに生クリームを塗る手法「ナッペ」も実は日本の技術なんです。
素敵ですよね!日本人の繊細さが垣間見える作品ですん。


次の記事では、
美味しいショートケーキを構成する食材をくわしく解説しようと思います!
是非、ケーキ選びの参考にしてください。


Sampaguita Cake&Sweets


お問い合わせ、ご注文は
info@sampaguita-weddingcake.com